GHTSが伝えたいスウェディッシュマッサージとは

スウェディッシュマッサージ

GHTSが伝えたい
伝統に裏付けられた本物の技術とは

スウェディッシュマッサージのオキシトシン効果

日本においてはリラクゼーションに分類されるスウェディッシュケアですが、その効果は代替医療として海外では注目されています。
そんなスウェディッシュマッサージの科学的効果を実証している研究について書かれた文献があります。
ロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ医療センターのRapaport医師の研究 。
内容を要約すると、スウェディッシュマッサージを受ける前と施術中、施術後に血液を採取し、血中のオキシトシン、コルチゾールなどのホルモン値と白血球数を調べた結果、ストレスを受けて放出される副腎皮質ホルモンが減少し、免疫力を高めるリンパ球数が増加したという研究結果が得られたということのようです。
オキシトシンホルモンは、昨今愛情ホルモンとか癒しホルモンなどと呼ばれ大変注目されていますよね。
スウェディッシュマッサージは筋肉の疲れを緩和するだけではなく、オキシトシンの分泌により怒りや不安、関節の痛みを抑制し、リンパ球の増加により自己免疫力を活性化することで健康な体を手に入れることもできるのです。
ある意味本物のリンパマッサージとも言えるかもしれませんね。
そんなスウェディッシュマッサージの素晴らしさが今後も科学的にも医学的にも実証されていくことを願っております。